2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

周南市もやいネットセンター

 周南市「もやいネットセンター」を視察 
 高齢者を「支え」「つなぎ」「守る」

厚木市議会市民福祉常任委員会では、5月12・13日に
山口県周南市の高齢者総合相談窓口「周南市もやいネットセンター」について視察してきました。

周南市は2003年(平成15年)4月、徳山市、新南陽市、熊毛町、鹿野町が合併した市です。市の名前は「周防の国」の南側に位置する所から。市域は656平方キロメートル、厚木市の7倍の面積です。
 高齢者人口が4万4千人、29・8%もいて、高齢者対策は重要課題でした。
 高齢者の孤立死・孤独死を防ぐために2013年、市役所高齢者支援課内に「もやいネットセンター」を8名の職員体制で立ち上げました。そのうち専門職は保健師・社会福祉士等6名を配置しています。
 「支え」「つなぎ」「守る」をモットーに、高齢者やその家族を支え、必要に応じて関係者や関係機関とつなぎます。介護施設や医療機関、地域包括支援センター、警察署、消防署などです。
もやいネットセンターとは、①24時間365日相談受付、②数多くある高齢者の相談窓口を一本化、③相談に応じて各関係機関につなぐものです。平日の昼間は市役所内で受け付け、土日・休日・夜間は受託機関が受けます。
 センターの相談件数は昨年度は月平均210件。話し相手や近隣トラブル(33%)、介護保険・福祉サービス(26%)、虐待・DV(14%)、認知症相談(13%)などで全体の86%を占めます。
 来年1月の仮庁舎移転後は、総合福祉センターとして、高齢者だけでなく障害者、子ども、生活困窮者などの相談も幅広く受けられるようにしたいと担当者は語っています。




地域の見守りの輪も 
市の社会福祉協議会では、地域の高齢者の見守り活動拠点として、各地区社協に「もやい地区ステーション」を設置することをめざし、現在は17地区で、福祉コーディネーターを20人配置しています。1地区あたりの訪問対象者は約33人、訪問件数は延べ6125回にもなります。
訪問活動をする中で、安否確認や生活課題の早期発見ができ、孤独感の防止などにも効果があります。

もやいネット支援事業者
 電気・ガス・水道事業者、新聞や郵便配達、金融機関、牛乳等の飲み物や食事の配食サービス事業所、コンビニなど、59社(者)と協定を結んでいます。従業員には、認知症の見分け方、対応の仕方などを学ぶ認知症サポーター研修講座を受けてもらいます。すでに8千人が受講しています。
新聞が何日もたまっている、雨降りなのに洗濯物が出しっぱなしなどの異常に気付いて通報、倒れていた人を発見したこともありました。

市立の動物園と美術館が 
次の日は、周南市議会事務局の案内で、市立動物園と美術館を見て回りました。
 周南市は1945年5月と7月の徳山大空襲で市域が壊滅的被害を受けました。戦後復興の時、将来のまちづくりを考えて、道路を広くとったそうです。ゆったりとした道路に高木が茂り、走っていても風が違うように感じます。
 動物園は旧徳山市の市制25周年の1960年(昭和35年)、徳山藩主毛利氏の屋敷があった場所に開園しました。園内には樹木が茂り、散歩しながら動物たちと触れ合えます。
 旧徳山市は、昨年104歳で亡くなった詩人のまどみちおさんの生誕地。徳山駅では「1年生になったら」「ぞうさん」のメロディーが流れています。美術館にはまどみちお特設コーナーもあり、市民に慕われている様子がよくわかります。
            
 視察を終えて 
 昔のような「お隣・近所」の関係が薄れ、高齢化が進む中、いかに地域のつながりを取り戻すかが、これからの大きな課題です。
 そのシステムを行政が主導で作り、住民組織や事業者などと連携して進めるという、今後の高齢化を見据えた方向性が見えてきた感じを持ちました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kugimaruhisako.blog117.fc2.com/tb.php/639-b564db7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ご挨拶

くぎまる久子

Author:くぎまる久子
 安倍暴走政治を許さない!
 戦争法案を、国民の反対を押し切って成立させ、立憲主義・民主主義をないがしろにしています。その流れは、国民のくらしや福祉の破壊につながります。地方自治体は、地域住民の福祉を増進し、国の悪政の防波堤とならなければならないのに、国言いなりの政治が続いています。
厚木市議会では、議員有志が党派を超えて戦争法反対の声明を出しました。これからも共同の力の大きくして、平和とくらしを守るために力を尽くします。
 私は、住民の目線で市政を見つめ、国政のひどさを実態として明らかにしながら、市民の幸せを実現するために頑張ります。
 現在、厚木市議会では議会改革を進めています。行政の監視役であり、市民の福祉増進のための政策立案を担っていくために議会・議員が質的向上をすることが求められています。私は、広報広聴特別委員会の委員長・副委員長として、市民に身近な議会の実現を図ってきました。
 これからも議員の役割をしっかりと果たして行きたいと思います、

プロフィール

●1947年、小田原市生まれ。。
●神奈川県立小田原城内高校、静岡県立女子短大国文科卒業。。
●平塚江陽中学校教諭、神奈川県職労愛甲支部書記。新婦人厚木支部事務局長・支部長を歴任。。
●1994年厚木市議会議員初当選。現在6期目。。
●市民福祉常任委員、広報広聴特別委員会委員長、厚木愛甲環境施設組合議員。。
●厚木市毛利台在住。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

くぎまるムービー


ブログランキング

 クリックをお願いします。 にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ
にほんブログ村

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

日本共産党 厚木市議員団


kugimaru.jpg
kayako2.jpg

スライドショー

       

15057157_POS-B_01_1.jpg 2014006_kenpo_01_1.jpg 201204_poster_01_01_1.jpg 20131031_himitu_01_1.jpg 201502-pos-fukushi_01_1.jpg

新着情報

ブログパーツ探すならココ!

カテゴリ

議会報告 (120)
活動レポート (277)
ちょっと一息 (158)
お知らせ (8)
未分類 (3)

携帯に更新情報をお知らせ

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。