2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月議会終わる  7議案に反対討論

12月議会終わる  7議案に反対討

 12月議会が12月18日に終わりました。
 最終日の討論で、私は議案7件に反対討論を行いました。

 
 日本共産党厚木市議員団を代表して
 議案第100号 厚木市廃棄物の減量および適正処理に関する条例の一部改正
議案第106号 平成21年度厚木市一般会計補正予算(第9号)
議案第107号 平成21年度厚木市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第108号 平成21年度厚木市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)
議案第109号 平成21年度厚木市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第110号 平成21年度厚木市交通災害共済事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第111号 平成21年度厚木市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
 の7議案について、反対討論を行います。

今年10月19日から、資源とごみの新システムが全市で始まりました。
 市民の協力により、多少の混乱はあったものの「想定内」ということで推移しています。
資源化率も向上しており、市民と職員の努力がしのばれます。
 今回の条例は、資源の持ち去りを防止するために、罰金20万円を科すというものです。
 委員会の論議の中では、現認は難しい、実効性についての疑問が多く出されました。自治会や臨時職員のパトロールを強化して、通報してもらうということですが、その効果がなければ、つまり、通報したのに捕まえられなければ、協力した人も次には信用しなくなるというものです。監視社会、なんでも罰則で対応するという社会で果たしていいのでしょうか。啓発やモラルの向上を目指し、地域社会の人間関係をどう作っていくかということが重要です。
また、持ち去りを監視するための市の費用も必要になってきます。
 資源とごみの搬出について新しいシステムのもと、頑張っている自治会の方々や市民の協力には敬意を表しながら、今回の条例改正の実効性の問題、費用対効果の問題、何より人間関係をぎすぎすしたものにする危険を考えたとき、今条例には賛成することはできません。
 ごみ問題についていえば、不法投棄にこそ対策を講じるべきだと思います。

 PA180052.jpg


 議案106号、一般会計補正予算第9号について、不況の中で、生活保護や就学援助受給児童・生徒が増加しました。生活保護の母子加算が12月1日から復活し、1370万円計上されました。産科医師の確保のために、国が新制度として「産科医師分娩手当」を作りました。分娩1件につき1万円の手当てをつけるもので、国の負担は3千円です。これはすでに各医療機関では手当をつけているということです。産科医師確保のためには必要と考えます。
 中小企業への資金融資事業では、利子補給や信用保証料で1億400万円、緊急雇用維持支援(休業補償)で6700万円増額します。これらが、中小業者の実情に即し、利用しやすく合っているか検証が必要なところです。金融機関への適切な指導が望まれます。
 また、法人市民税が今年度20億円の減収が見込まれるため、減収補てんのため市債を同額の20億円発行します。後年度の市民の負担が気になるところです。

しかし、一般会計の補正予算や特別会計の補正予算の、人事院勧告を受けて、職員給与・一時金が引き下げには賛成できません。特別職と合わせると3億円を超え、一般職員一人当たり平均17万5千円の減額です。職員給与は生活給であり、一時金はローンの支払いや教育費に充てるなど、その影響は大きなものがあります。また、それだけ、購買意欲も減ずることになり、市内経済への影響は大きなものがあります。
 国の人事院勧告だから、唯々諾々と受けるのではなく、自治体としての裁量をもっと働かせるべきものと考えます。
 以上、議案7件の反対討論といたします。

PC060407.jpg




 栗山香代子議員は 陳情3件に賛成討論を行っています。
 そちらも御覧ください。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kugimaruhisako.blog117.fc2.com/tb.php/434-01598dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ご挨拶

くぎまる久子

Author:くぎまる久子
 安倍暴走政治を許さない!
 戦争法案を、国民の反対を押し切って成立させ、立憲主義・民主主義をないがしろにしています。その流れは、国民のくらしや福祉の破壊につながります。地方自治体は、地域住民の福祉を増進し、国の悪政の防波堤とならなければならないのに、国言いなりの政治が続いています。
厚木市議会では、議員有志が党派を超えて戦争法反対の声明を出しました。これからも共同の力の大きくして、平和とくらしを守るために力を尽くします。
 私は、住民の目線で市政を見つめ、国政のひどさを実態として明らかにしながら、市民の幸せを実現するために頑張ります。
 現在、厚木市議会では議会改革を進めています。行政の監視役であり、市民の福祉増進のための政策立案を担っていくために議会・議員が質的向上をすることが求められています。私は、広報広聴特別委員会の委員長・副委員長として、市民に身近な議会の実現を図ってきました。
 これからも議員の役割をしっかりと果たして行きたいと思います、

プロフィール

●1947年、小田原市生まれ。。
●神奈川県立小田原城内高校、静岡県立女子短大国文科卒業。。
●平塚江陽中学校教諭、神奈川県職労愛甲支部書記。新婦人厚木支部事務局長・支部長を歴任。。
●1994年厚木市議会議員初当選。現在6期目。。
●市民福祉常任委員、広報広聴特別委員会委員長、厚木愛甲環境施設組合議員。。
●厚木市毛利台在住。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

くぎまるムービー


ブログランキング

 クリックをお願いします。 にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ
にほんブログ村

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

日本共産党 厚木市議員団


kugimaru.jpg
kayako2.jpg

スライドショー

       

15057157_POS-B_01_1.jpg 2014006_kenpo_01_1.jpg 201204_poster_01_01_1.jpg 20131031_himitu_01_1.jpg 201502-pos-fukushi_01_1.jpg

新着情報

ブログパーツ探すならココ!

カテゴリ

議会報告 (120)
活動レポート (277)
ちょっと一息 (158)
お知らせ (8)
未分類 (3)

携帯に更新情報をお知らせ

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。