2013-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公園トイレ、またも破壊される

公園トイレ、またも破壊される

 市内にはトイレのある公園が37ケ所あります。
 昨年11月、7公園で便器の破損事件がありました。
 今年2月に80万円をかけて修理をしたばかりです。
 ところが、5月になって直したばかりのトイレのうち3ケ所がまたも壊されていることが、発見した市民の通報でわかりました。
 大便器と小便器がすべて壊されていました。被害額は39万円。
 
 便器破壊①

 ひどいことをする人がいるものですね。

 設置するのも直すのも、市民の税金。
 あなたの全金が無駄遣いされているのですよ!

 公園緑地課では、当面、仮設トイレ設置で対応するそうです。
 もし、発見したら公園緑地課に通報しましょう。℡(225)2410
スポンサーサイト

本厚木周辺にトイレがなくなった!

本厚木駅南口にバス待機所
それより、トイレを何とかして!
 
 本厚木駅南口の植栽にあるケヤキの木が布で巻かれています。
 道路維持課では「圏央道に秋以降に移設する予定。
 水揚げのために巻いている」とのこと。

 その跡は路線バス2台分の待機所にして、渋滞緩和を図ります。

 本厚木駅南口のケヤキ、包帯でぐるぐる巻き

 しかし…トイレが本厚木駅から消えた!

 小田急恩厚木駅は、4月から本厚木駅の耐震補強工事をしています。
 厚木市はその経費の3分の一、9000万円を補助しました。
 小田急電鉄(株)は、耐震補強工事と併せて、東口商店街のリニューアル工事も行います。

 しかし、東口にあった店舗はすべて閉鎖! 
 さらに、東口のトイレも1年間使えません。
 本厚木駅は、周辺に公衆トイレがなく、通勤客やバスツアーのお客さんが使えていたのが東口トイレ。

 トイレがなくなって大変困っています。

 厚木市は、「ミロード(本厚木駅の駅ビル)のトイレをお使いください」と言うが、
 お店が開いていなければ使えません。
 周辺のコンビニを、ともいうが・・・何か買わなければ・・・。

 本厚木駅は1日の乗降客は14万人。
 かつては16万人いたのに・・・少なくなりました。

 そこに、公衆トイレが一つも無いなんて!!!

 この影響で、今まで本厚木駅から発着していた観光バスのが、4月から海老名に移りました。

 人口22万、特例市、セーフコミュニティ認証都市、子育て・教育環境日本一 ・・・・
 それで、駅前にトイレがない!

 厚木市の賑わいは一体どうなってしまうのでしょう。


 私は、この問題を、2月議会の予算審議の時に指摘しました。
 議会全員協議会でも言っています。

 

財政は「習うより慣れろ」

財政は「習うより慣れろ」

 4月20・21日と「よくわかる市町村財政分析基礎講座」を受講しました。
 講師は大和田一紘氏(都留文科大講師、NPO法人多摩住民自治研究所理事長)。
 大和田氏は、市民による自治体財政分析をテーマに学習会の講師を各地でしています。

 市民による財政分析活動・財政白書づくりが活発になったのは、
 ①地方分権一括法の施行、
 ②夕張市の財政破たん、
 ③それを受けての財政健全化法制定、
 ④情報化社会の中で財政情報の開示の推進、
 ⑤高齢化社会での地域デビュー、つまり団塊世代が定年退職し、会社人間が地域に目を向け出した、ことなどです。

 自治体財政の分析は単年度で見るのではなく、長いスパンで検証するのが大事です。
 学習の資料として、20年間の厚木市決算カード、財政状況資料集、財政比較分析表、健全化判断比率などをそれぞれ自分の市のものを準備。
 それらをもとに「分析用紙」に記入していきます。
 自分の手で数字を記入することで、パソコン入力とは違う「体が数字を覚える」感覚です。
 決算額の推移、目的別歳出の科目別順位を経年で記入すると、厚木市で何に一番お金をかけてきたのかがよくわかります。

大和田氏の講義を各地で受けて、市民による財政分析が行われています。  小田原市 市民財政分析
 「覗いてみよう 小田原市の家計簿 市民手づくりの財政報告書」は、小田原市市民活動応援補助金を受けた市民グループが財政の公開講座、学習を重ねて作りました。
 小田原市は厚木市と同じ特例市です。
 随所に神奈川県内の特例市の比較があり、厚木市政にも参考になると購入してきました。



【終わって…】
 初日は午後1時から7時半まで、2日目は9時から3時過ぎまでびっしり。
 最前列に座り、一言も聞きもらすまいと緊張しっぱなし。
 細かい統計資料を表に書き写し、足し算、引き算、割り算で数字を出す。
 持参の指示があった「12桁の電卓、30㎝の物差し」を活用。
 会場は東京都日野市にある企業の宿泊研修施設。
 ビジネスホテル並みの施設で食事もおいしかった。

«  | ホーム |  »

ご挨拶

くぎまる久子

Author:くぎまる久子
 安倍暴走政治を許さない!
 戦争法案を、国民の反対を押し切って成立させ、立憲主義・民主主義をないがしろにしています。その流れは、国民のくらしや福祉の破壊につながります。地方自治体は、地域住民の福祉を増進し、国の悪政の防波堤とならなければならないのに、国言いなりの政治が続いています。
厚木市議会では、議員有志が党派を超えて戦争法反対の声明を出しました。これからも共同の力の大きくして、平和とくらしを守るために力を尽くします。
 私は、住民の目線で市政を見つめ、国政のひどさを実態として明らかにしながら、市民の幸せを実現するために頑張ります。
 現在、厚木市議会では議会改革を進めています。行政の監視役であり、市民の福祉増進のための政策立案を担っていくために議会・議員が質的向上をすることが求められています。私は、広報広聴特別委員会の委員長・副委員長として、市民に身近な議会の実現を図ってきました。
 これからも議員の役割をしっかりと果たして行きたいと思います、

プロフィール

●1947年、小田原市生まれ。。
●神奈川県立小田原城内高校、静岡県立女子短大国文科卒業。。
●平塚江陽中学校教諭、神奈川県職労愛甲支部書記。新婦人厚木支部事務局長・支部長を歴任。。
●1994年厚木市議会議員初当選。現在6期目。。
●市民福祉常任委員、広報広聴特別委員会委員長、厚木愛甲環境施設組合議員。。
●厚木市毛利台在住。

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

くぎまるムービー


ブログランキング

 クリックをお願いします。 にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ
にほんブログ村

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

日本共産党 厚木市議員団


kugimaru.jpg
kayako2.jpg

スライドショー

       

15057157_POS-B_01_1.jpg 2014006_kenpo_01_1.jpg 201204_poster_01_01_1.jpg 20131031_himitu_01_1.jpg 201502-pos-fukushi_01_1.jpg

新着情報

ブログパーツ探すならココ!

カテゴリ

議会報告 (120)
活動レポート (277)
ちょっと一息 (158)
お知らせ (8)
未分類 (3)

携帯に更新情報をお知らせ

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。