2010-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚木に「県立病院」はあるの?

厚木に「県立病院」はあるの?

 今朝、市役所に行く途中、県道603号線(旧246号線)の小野塚ピーナッツのあたりを走っていると 「県立病院」の表示が?!  

 厚木には県立病院はない! 
 市立病院だ!


 これは渋滞情報の掲示板。
 「混雑」と出てから、次に地域が表示される。「金田」とか、「妻田伝田」とか・・・

 今朝はその混雑情報が  「県立 病院前」    

P9221935.jpg

P9221936.jpg

 しかし、県立病院は7年前に厚木市に移譲され、「厚木市立病院」に変わっている。
 そこの交差点も「市立病院前」に変更されているのに、この渋滞情報はそのまま。

 管理は神奈川県警が行っているというが、一体いつまでこのままにしておくのかしら? 
スポンサーサイト

林座の人形芝居「壷坂霊験記」

林座の人形芝居「壷坂霊験記」をみる

 先日、厚木サティ8階にある厚木青春劇場で、林座の「壷坂霊験記」を見ました。

 盲目の沢市とお沢の物語。
 観音様の信仰でめでたく目が開きました。 というお話。
 
 開眼した後、二人が乱舞狂喜するさまが面白い。

  P8281880.jpg

 厚木には人形劇の座として、林座、長谷座、東座があります。

 そのうち、林座と長谷座は、昭和55年1月に国の重要無形民俗文化財に指定されました。
  厚木市ではこの他に妻田、上古沢、三田、戸室にもあったといいます。

 神奈川県内に江戸時代からあった人形芝居。
 その地域の、娯楽の場として栄えたのではないかと思う。
 私の生まれた小田原市でも、下中座があるという。

 厚木の東座は、県立東高校の生徒とそのOBが継承している人形の座。
 小田原でも、下中座のある橘中学校のクラブ活動や、二宮高校でもクラブがあるという。

 林座では、後継者不足が大きな課題。この悩みはどこでも同じでしょう。
 今回は 厚木青春劇場での公開だったが、いろいろなところで、市民の目に触れることが、文化の伝承につながると思う。

 P8281886.jpg

市の施策は「ナンセンス」!?

住宅用火災警報器設置推進の
  訪問は「ナンセンス」?


 厚木市9月議会の総務企画常任委員会でのこと。

 一般会計補正予算(第3号)で、住宅用火災警報器の設置が進まないので、消防団員が各家庭を訪問して、設置の推進を呼びかけるための予算が計上されました。

 民主党の女性議員「こんな事業はナンセンス。」と決め付けました。
 「そんなことに大きなお金をかけるなら、火災警報器を配ればいい」という。

 消防の担当者から「消防団員は、火災などの災害発生のときに地域住民の命を守る人々であり、地域の実情を把握する意味からも今回、ご協力いただいている。」との説明に、「わかりました」とコロリと態度を変えました。

     P5161428_20100920160738.jpg
 
 「ナンセンス」という、強い言葉で否定(全否定)しておきながら、簡単に態度を変えるのでは、どれだけ深い研究をしてきたのか疑問に思うところである。

米寿の祝い 母88歳、父92歳

米寿の祝い 母88歳、父92歳

 母は、大正7年生まれ、今年88歳米寿である。
 9月15日が誕生日だが、少し早く5日に「米寿の祝い」をした。

 父母、兄夫婦と子供、妹夫婦2組、それと我々夫婦と二男で総勢18人が集まった。

P9051905.jpg
 前列、父(右)、兄
 後列 右から、末の妹、母、私、妹。

 姉妹はだんだん母に似てきている。

P9051894.jpg

 孫から花束贈呈。母の顔が何とも言えずに いい。

 孫たちは、結婚しているものとしていないものが半々。
 お嫁さんと一緒に来た孫もいた。
 残念ながら、我が家はまだ。
 
 久しぶりにあった従兄弟たちは、「いやー、町であったらわからないね」の連発。
 このような機会に、もっと交流が深まればいいと思うのだが・・・

P9051911.jpg

 祝いの席で謡うという、謡の一節を二人で謡いました。
 デジカメの方列が・・・

 今でも週に一回は、小田原まで謡の指導に行っているから、すごいものだ。

 P9051887.jpg

 料理はおいしかった。やはり小田原ということで海の幸満載。

 しかし、残念ながらバリアフリーは最低!
 2階に上がるのに、エレベーターもエスカレーターもない。
 建物が2階までだから必要ないなどとは、とても言えない。

 しかも、トイレがみんな和式で、洋式トイレも障害者用のトイレもない。

 建物がきれいで(改装したらしい)、お食事も良かっただけに、残念!
 

 
 

市道の認定・廃止ツアー

市道の認定・廃止ツアー

 9月8日、台風接近中で大雨の中、9月議会に出された市道の認定・廃止の調査に行ってきました。

 宅地開発に絡んだものが6件、払い下げによる廃止が一件。

 開発地域では幅員は4.5m~5m。
 転回広場は長さ33.5mのものにもついていて、よく整備されている感じがした。

 以前の市道認定で、狭い県道(バスも通っていて交通量が多いのに、35mないからと転回広場をつけなかった業者もいたが、行き止まり道路にはやはり転回広場があった方がいい。

IMG_8857.jpg
  住宅も次々とたっている。

 グレーチングの網目の大きさもいろいろ。
 市内など人通りの多いところは網目も細かく、ヒールが挟まったり、乳母車の前輪がはまったりしないようにしているが、今回のところはどこも網目は大きかった。

 IMG_8863.jpg

 道路ではないが宅地内の雨水の浸透桝
 屋根の雨水を樋に伝わらせて、地中に浸透させるもの。

IMG_8861.jpg
 雨樋の下にある浸透桝にたまった雨水を、さらに大きな浸透桝に流して地中に浸透させる。
 
 建売住宅の建設中の一部で、雨樋がしっかり地面までなかったり、大きな浸透桝につながっていないところもあったが、最終的にはきちんとするのだろうか。
 ちょっと心配。


 今回は、雨の中での現地調査。
 台風接近ということで時折、雨が激しくなる。

 晴れていたのではわからない、雨水の浸透桝も調査できたのは、良かった。

 払い下げによる廃道は、地図を見ただけではわからない
 すでに「道路の様を成していない」のだから・・・

 それでも何とか、現場を見たが、草ぼうぼうの中に県道から下りる階段が10mほどあるだけ。
 払い下げて、少しでも市の収入になればいいのだろう。



«  | ホーム |  »

ご挨拶

くぎまる久子

Author:くぎまる久子
 安倍暴走政治を許さない!
 戦争法案を、国民の反対を押し切って成立させ、立憲主義・民主主義をないがしろにしています。その流れは、国民のくらしや福祉の破壊につながります。地方自治体は、地域住民の福祉を増進し、国の悪政の防波堤とならなければならないのに、国言いなりの政治が続いています。
厚木市議会では、議員有志が党派を超えて戦争法反対の声明を出しました。これからも共同の力の大きくして、平和とくらしを守るために力を尽くします。
 私は、住民の目線で市政を見つめ、国政のひどさを実態として明らかにしながら、市民の幸せを実現するために頑張ります。
 現在、厚木市議会では議会改革を進めています。行政の監視役であり、市民の福祉増進のための政策立案を担っていくために議会・議員が質的向上をすることが求められています。私は、広報広聴特別委員会の委員長・副委員長として、市民に身近な議会の実現を図ってきました。
 これからも議員の役割をしっかりと果たして行きたいと思います、

プロフィール

●1947年、小田原市生まれ。。
●神奈川県立小田原城内高校、静岡県立女子短大国文科卒業。。
●平塚江陽中学校教諭、神奈川県職労愛甲支部書記。新婦人厚木支部事務局長・支部長を歴任。。
●1994年厚木市議会議員初当選。現在6期目。。
●市民福祉常任委員、広報広聴特別委員会委員長、厚木愛甲環境施設組合議員。。
●厚木市毛利台在住。

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

くぎまるムービー


ブログランキング

 クリックをお願いします。 にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ
にほんブログ村

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

日本共産党 厚木市議員団


kugimaru.jpg
kayako2.jpg

スライドショー

       

15057157_POS-B_01_1.jpg 2014006_kenpo_01_1.jpg 201204_poster_01_01_1.jpg 20131031_himitu_01_1.jpg 201502-pos-fukushi_01_1.jpg

新着情報

ブログパーツ探すならココ!

カテゴリ

議会報告 (120)
活動レポート (277)
ちょっと一息 (158)
お知らせ (8)
未分類 (3)

携帯に更新情報をお知らせ

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。