2010-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画で 一般質問 です

動画で一般質問をお見せできます!

 2月議会の一般質問では、保育所、職員削減の影響、国民健康保険などについて質問しました。

[広告] VPS



よりよい保育所とは

釘丸久子議員 待機児童が全国で2万5千人を超えている。厚木市の状況と解消策は。
こども未来部長 昨年10月で国基準で299人、保留児では465人である。今年4月に民間で定員120人の保育園ができる。また分園や新設も計画されている。
釘丸議員 しかしまだ不足している。特に3歳未満児の待機は深刻である。保育所の充実による効果をどう考えるか。
部長 待機児解消は子育て支援が図られ、就労による労働力向上や経済的効果も生まれる。
釘丸議員 国は待機児解消の名目で定員や面積基準の緩和を言っている。市の見解は。
部長 定員越えの撤廃の通知も来ているが、子どもへの負担が増大しないよう慎重に対応したい。

職員削減の影響は

釘丸議員 職員を削減しても仕事は減らない。委託や臨時雇用が増える。専門性に不安はないか。
総務部長 仕事は減らないどころかむしろ増えていく。保育士や看護師は有資格者が基本。それ以外は職場で研修する。
釘丸議員 偽装請負が大きな社会問題になった。厚木市の対応は。
部長 業務委託の統一的な仕様書を作成して、委託内容が労働者派遣法に抵触しないように指導した。市職員は、現場の従業員に直接指示できない。請け負った業者の責任者を通して行うようマニュアルを作成した。
釘丸議員 マニュアルを作っても仕事はしにくい実態がある。 臨時や非常勤の賃金が低い。時給千円以下で短時間勤務である。そのため仕事を掛け持ちしている人もいる。生活できるような賃金にすべきだ。
部長 非常勤や臨時職員は他の職につくことを認めており、募集時に明示している。処遇については改善していきたい。

国保の資産割廃止を 

釘丸議員 厚木市の国保は4方式で国民健康保険料を定めてている。資産割廃止の考えは。
市民健康部長 国保運営協議会でも資産割廃止の声がある。平成21年度から資産割按分率を9%から4%に減らした。
釘丸議員 医療費の一部負担金の減免要綱の実績はどうか。
部長 平成20年度から施行しているが、現在まで実績はない。窓口で話を伺い、生活保護へつなぐなどの対応をしている。
釘丸議員 厚木市では保険料の徴収率が大変低い。県内最低だ。国保運営が全国的に厳しい中、国の負担割合を増額することが必要である。
部長 国に対して財政負担増額要求を全国市長会でしている。
スポンサーサイト

長生きしてね

長生きしてくださいね

 久しぶりに、小田原の実家に行って、父と母の顔を見てきた。
 小田原だから、行こうと思えば1時間足らずで行けるのだが・・・・ お正月以来の訪問。

 父は大正7年4月生まれの92歳、母は11年9月生まれで88歳。
 兄夫婦と一緒に住んでいるが、食事は母が作っている。
 週に2回、謡曲(素謡い)の稽古に二人で出かけている。

 父が指導者。90過ぎてまだ指導をしているのだから、大したものだ。
 今月白内障の手術をしたので、「ものがよく見える。謡いの本が眼鏡なしでもはっきり見えるようになった」と喜んでいる。

 92歳の父。お肌つやつや、しわも少ない。

 
  92歳の父。
  お肌つやつや、しわも少ない。



 母は、同じことを何回も言ったり、すぐ忘れるというので、少し認知症かな?とも思うが、二人分の食事を作っているからまだ大丈夫だろう。
 母は、「何もしないと、もっとボケてしまうので編み物でもしようかと思う。以前にお前にやった、毛糸と編み棒を送ってほしい」と言っている。

母 88歳。

 母 88歳。口は達者です。

 この分なら、まだまだ二人とも長生きできると思う。
 長生きしてね。



 

民主党は「眼」がない  

『普天間基地移設反対に民主党窮地に
鳩山政権は「眼」を持たず』ー日本農業新聞


米軍普天間基地移設の候補地とされる徳之島で1万5千人(人口の6割)が参加して開いた反対集会の記事を「日本膿瘍新聞」が、4月19日1面トップで大きく報じました。「農業の島に基地はいらない」「大事な牛にヘリコプターのごう音はいらない」と島ぐるみの反対です。

 それに加えて、同新聞のコラム「四季」では、鳩山政権が「眼」を持っていないことを、アマチュアで女流王将戦予選を通過した小学6年生・竹本紅さんの試合ぶりを紹介しながら、対比して論じました。

 「形勢をよく読んで無駄なく駒を効かせたに違いない」として、優れた「眼」を持つこと、つまり大局観が肝心なことを棋士の米長名人が説いている、と切り出し、鳩山政権はこの「眼」の大切さがわかっていないと批判しています。

「政権交代を印象付けようとするあまり、政策や外交の継続性を軽視しすぎた」
「300を超える衆院議席の「力」に頼り、「眼」を軽んじたことが迷走状態に陥った要因の一つだ」
「社長や副社長、専務が部課長のやる仕事までしているようでな企業は持たないのと同じ」
「優れた「眼」を持ち、駒(官僚)をうまく働かせる政権運営でなければ、支持率が落ちるのも当然である」
と断じました。

 PB050215.jpg 

鳩山政権は変革を性急すぎる。それなのに、公約に掲げた後期高齢者医療制度廃止も、労働者派遣法の問題も先送りだったり、穴だらけのザル法だったりと、国民の期待は裏切られ、失望と批判が急速に大きくなっています。

 農家や農協の立場で主に書かれている、日本農業新聞が、このような記事を書くのは、まさに時代の変化を感じます。

 

今年の桜は いい サクラ

今年の桜は いい サクラ   

 今年の桜は 3月末に開花したと思ったら、気温が低くなったり、雨が降ったりしましたが、長く持ちました。
 
 飯山の街道 4月11日
  飯山街道の桜  4月11日

自宅ベランダから
  自宅ベランダから

下古沢のしだれ桜  4月13日
 下古沢のしだれ桜 4月13日でも 満開状態

七沢森林公園の散り桜
 七沢森林公園の 散り桜
 4月13日には桜はほとんど散っていましたが、下には満開の「散り桜」が。

 京都・祇王寺の散り桜。祇王寺の桜は花が上のほうにつき、散った桜が、緑の苔の上に敷き詰められそれはそれはきれいなのだそうです。

 そこまではいかないけれど・・・。

 
  
 

市政報告&参院選で、街頭演説

桜の下で 愛甲支部と街頭演説

 今年の桜は、花の時期が長かった

 4月11日、愛甲支部と街頭演説を行いました

 2月議会の報告、特に、小児医療費が今年7月から小学校卒業まで拡大されたことを中心に、さらに大きく広げるためには、国政を変えなければと訴えました。

 愛甲支部は、毎週水曜日、朝の愛甲石田駅から始まって、午後は歩いての街頭宣伝を行っています。

 支部は毎議会後に報告会をおこなっていますが、今回は街頭からの訴え。
 写真を見てもわかるように、宣伝カーにデコレーションをして、ポイントで演説。
 のぼりやプラスターでにぎやかに。

 愛甲宣伝
 満開の桜の下で演説。

 参院選に向けての、演説会の呼び掛けも行いました。

 4月15日(木) 18時30分から
 平塚市民センターホール
 話す人 山下よしき 参議院議員 
  はたの君枝 (元参議院議員
     神奈川選挙区予定候補



厚木の国保は、今?

厚木の国保は今?

 2月議会の一般質問で、厚木の国保について質問したことはお知らせしましたね。

 今、厚木市の国保、特に資格証の発行は他市と比べてどうでしょうか。

 新年度(平成22年度)予算要求書の回答と実際の状況を比べてみました。


(要求項目)国民健康保険料の減免制度を拡充すること。適正な職員配置により、懇切丁寧な納付指導を行い、資格証の発行を極力抑えること。

(回答) 
 減免制度につきましては、保険料の納付が困難となった事情に応じて適正に対処しており、制度の拡充につきましては、広く、公平に保険料を負担していただくことが原則であり、周知に努めながら、当面現行基準で運用してまいりたいと考えております。
 資格証明証の発行につきましては、少しでも相談に応じられるよう、夜間、休日等に臨時窓口を設けるなど、接触等の機会を設けておりますが、省令で定める公費負担医療費の対象者、災害その他の政令で定める特別の事情がある場合を除き、納付指導にも応じようとせず、連絡のない者等に対しては、納付状況、交渉経過、所得状況などを調査し、国民健康保険被保険者証の返還請求書を発送し、返還を受けた後、負担の公平性を図るために、資格証明証を交付しております。(国保年金課)

資格証発行状況

 上の表を見てください。
 
 どの自治体も、滞納世帯が、世帯数・%ともに大変多くなっています。

 長期の未納者に、資格証(病院に行って医療費10割を払わなければならない)と短期証(3ヶ月とか6ヶ月の期間の短い保険証、医療費の支払いは通常通り))発行数・率は自治体によってあまりにバラつきがあります。

 厚木市は、短期保険証は中間くらいですが、資格証の発行は0.05%と大変低くなっています。
 
 保険証を支払えない世帯が、どうして10割もの医療費を支払えるでしょうか。

 
 厚木市では、「納付指導にも応じようとせず、連絡のない者等に対してーーー」資格証の発行をしていると回答しています。
 
 



もう一度あの絵を見たくなる!

「一枚の絵からー日本編ー」
(高畑勲著)
 
      もう一度あの絵を見たくなる!

 映画「セロ弾きのゴーシュ」「おもひでぽろぽろ」などの映画監督・高畑勲さんが、古今東西の絵画を見て、そこから広がる豊かな思いをつづっています。何しろたくさんの展覧会に行っています。絵を観て、映画人らしい感性で語っています。

 取り上げた絵は31作品。「私はただの素人。好きな絵を好きなように楽しんできただけ」と言うが、その目の確かさは読めばわかります。知っている絵でも、もう一度見直したくなります。

 「伴大納言絵巻」―調査時に高精細デジタル撮影したものを拡大して展示されていた。31・5センチの縦幅が3メートルになったものを見て、火事を見ている人々の表情がリアルで、全ての顔つきが違うのを発見し、絵巻物とアニメ製作の違いに言及。

伴大納言絵巻

 「花園天皇像」―この絵を何の予備知識もないままに見てもらい、第一印象を聞いたのち、天皇像であること、画集解説の「気品がある」「高い知性」「貴族的なおおらかさ」などと言うと、たいていの人が笑いだすそうである。12世紀に描かれた「似絵(にせえ)」。天皇や貴族の似顔絵を「あからさま」に描いている。

花園天皇像

 「花下遊楽図屏風」―花の下で踊り楽しむ様子を、躍動感をもって生き生きと描いている。桃山・江戸時代初頭、風俗画が流行り、女性の踊る姿が描かれているが、浮世絵が盛んになると、美人画はあっても踊る女性は描かれなくなったと嘆く。

現代では小倉遊亀、小林古径、熊谷守一など11人。

出版社は岩波書店。 「外国偏」もあります。

法律相談を再開します。

 厚木市議員団の法律生活相談を再開します。

 厚木市在住の高橋由美弁護士(相模合同法律事務所)のご協力をいただき、4月から、「法律相談」を再開いたします。お気軽にご相談下さい。

   日 時  4月14日(水)
      14時~16時
  場 所  厚木市役所本庁舎5階
  協 力  相模合同法律事務所
     高橋 由美 弁護士 



 主 催 日本共産党厚木市議員団
    議員団控室 (225)2709
     釘丸 久子 (248)1925
     栗山香代子 (247)8595
 

  P1010106_20100401130727.jpg


議会の在り方を検討

議会の在り方を検討しています

 厚木市議会議会運営委員会では、議長からの「議会運営の在り方並びに議会における議論の在り方、市民への議会広報の在り方に関する検討について」の諮問を受けて、議会の在り方検討会を昨年10月20日に発足しました。これには一人会派の委員の参加も認めています。

 各会派から、「開かれた議会はどうあるべきか」「議長選挙のやり方は」などの意見が出され、また松江市や流山市の視察も行いました。

 厚木市議会の議会論議は一問一答形式であり、本会議・常任委員会とも傍聴は自由、その内容をインターネットで公開しています。在り方検討会も公開しています。

 今後さらに議論を深めて、より市民に開かれた議会になるよう、進めていきます。



 P1010059.jpg
藤の花のカーテン  また見に行きたいものです。

保育所、人員削減、国保で一般質問

保育所、人員削減、国保で一般質問

よりよい保育所とは

釘丸久子議員 待機児童が全国で2万5千人を超えている。厚木市の状況と解消策は。
こども未来部長 昨年10月で国基準で299人、保留児では465人である。今年4月に民間で定員120人の保育園ができる。また分園や新設も計画されている。

釘丸議員 しかしまだ不足している。特に3歳未満児の待機は深刻である。保育所の充実による効果をどう考えるか。
部長 待機児解消は子育て支援が図られ、就労による労働力向上や経済的効果も生まれる。

釘丸議員 国は待機児解消の名目で定員や面積基準の緩和を言っている。市の見解は。
部長 定員越えの撤廃の通知も来ているが、子どもへの負担が増大しないよう慎重に対応したい。

      P1010014_20100401125828.jpg


職員削減の影響は

釘丸議員 職員を削減しても仕事は減らない。委託や臨時雇用が増える。専門性に不安はないか。
総務部長 仕事は減らないどころかむしろ増えていく。保育士や看護師は有資格者が基本。それ以外は職場で研修する。

釘丸議員 偽装請負が大きな社会問題になった。厚木市の対応は。
部長 業務委託の統一的な仕様書を作成して、委託内容が労働者派遣法に抵触しないように指導した。市職員は、現場の従業員に直接指示できない。請け負った業者の責任者を通して行うようマニュアルを作成した。

釘丸議員 マニュアルを作っても仕事はしにくい実態がある。 臨時や非常勤の賃金が低い。時給千円以下で短時間勤務である。そのため仕事を掛け持ちしている人もいる。生活できるような賃金にすべきだ。
部長 非常勤や臨時職員は他の職につくことを認めており、募集時に明示している。処遇については改善していきたい。

     P1010031.jpg

国保の資産割廃止を 

釘丸議員 厚木市の国保は4方式で国民健康保険料を定めてている。資産割廃止の考えは。
市民健康部長 国保運営協議会でも資産割廃止の声がある。平成21年度から資産割按分率を9%から4%に減らした。

釘丸議員 医療費の一部負担金の減免要綱の実績はどうか。
部長 平成20年度から施行しているが、現在まで実績はない。窓口で話を伺い、生活保護へつなぐなどの対応をしている。

釘丸議員 厚木市では保険料の徴収率が大変低い。県内最低だ。国保運営が全国的に厳しい中、国の負担割合を増額することが必要である。
部長 国に対して財政負担増額要求を全国市長会でしている。

«  | ホーム |  »

ご挨拶

くぎまる久子

Author:くぎまる久子
 安倍暴走政治を許さない!
 戦争法案を、国民の反対を押し切って成立させ、立憲主義・民主主義をないがしろにしています。その流れは、国民のくらしや福祉の破壊につながります。地方自治体は、地域住民の福祉を増進し、国の悪政の防波堤とならなければならないのに、国言いなりの政治が続いています。
厚木市議会では、議員有志が党派を超えて戦争法反対の声明を出しました。これからも共同の力の大きくして、平和とくらしを守るために力を尽くします。
 私は、住民の目線で市政を見つめ、国政のひどさを実態として明らかにしながら、市民の幸せを実現するために頑張ります。
 現在、厚木市議会では議会改革を進めています。行政の監視役であり、市民の福祉増進のための政策立案を担っていくために議会・議員が質的向上をすることが求められています。私は、広報広聴特別委員会の委員長・副委員長として、市民に身近な議会の実現を図ってきました。
 これからも議員の役割をしっかりと果たして行きたいと思います、

プロフィール

●1947年、小田原市生まれ。。
●神奈川県立小田原城内高校、静岡県立女子短大国文科卒業。。
●平塚江陽中学校教諭、神奈川県職労愛甲支部書記。新婦人厚木支部事務局長・支部長を歴任。。
●1994年厚木市議会議員初当選。現在6期目。。
●市民福祉常任委員、広報広聴特別委員会委員長、厚木愛甲環境施設組合議員。。
●厚木市毛利台在住。

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

くぎまるムービー


ブログランキング

 クリックをお願いします。 にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ
にほんブログ村

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

日本共産党 厚木市議員団


kugimaru.jpg
kayako2.jpg

スライドショー

       

15057157_POS-B_01_1.jpg 2014006_kenpo_01_1.jpg 201204_poster_01_01_1.jpg 20131031_himitu_01_1.jpg 201502-pos-fukushi_01_1.jpg

新着情報

ブログパーツ探すならココ!

カテゴリ

議会報告 (120)
活動レポート (277)
ちょっと一息 (158)
お知らせ (8)
未分類 (3)

携帯に更新情報をお知らせ

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。