2008-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9,26本厚木駅頭宣伝

はためくのぼりに通行人の足が止まって
      9.26日本共産党本厚木駅頭 演説

 麻生新内閣が発足し、解散・総選挙の日程が話題に上っています。
 9月26日(金)は議員団の恒例の宣伝日。 
 その日に合わせて、後援会員の協力を得て、ビラ配布・リレー宣伝を行いました。
 南関東比例予定候補のむねた裕之さんも駆けつけ訴えました。

 「消費税増税反対」「後期高齢者医療制度は廃止を」「憲法9条を守ろう」などのノボリが本厚木駅にひらめき、道行く人が関心を持っていました。

IMG_0604_1.jpg
 司会は栗山議員(左)が、元気よく

IMG_0594_1.jpg
 「政権の担い手だけを変えても国民の暮らしは守れない。政治の中身を変えよう」と訴えるむねた裕之衆院南関東ブロック比例予定候補。

 業者後援会・民商婦人部は、仕事がない、単価が引き下げられて生活できないと、業者の悩みを具体的に話しました。
BubbleShare: Share photos - School Crafts

 「自民・麻生でも、民主・小沢でも今の政治は変わらない。政治を変えるために共産党に入れるよ」
 高校生は「俺、政治のことなんかよくわからないけど、共産党は『民』のことを考えていることはわかった」
「ガソリン下げてくれよ。ゲンチャに乗れなくなっちゃうよ」

 日本共産党は、皆さんの声を受けて政治の中身を変えるために頑張ります。
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

ひこばえ(孫生え)

 ひこばえが生えていました

 稲刈りの済んだ田んぼに、刈取った後の切り株から、「ひこばえ」と呼ばれる二番稲がツンツンと伸びています。まるで田植えの後のようです。

 昨年、一昨年は暖かかったせいか、30センチ以上になった「ひこばえ」もありました。

 さすがに、お米が実るまでにはいきませんでしたが・・・

 冬枯れに向かう前の一時の畑の元気です。

ひこばえ

民主主義のイロハとは? 中山発言に思う

 民主主義のかけらもない!
 
 中山成彬国土交通相が辞任をした!
 あたりまえだ! 

 この間、次々と暴言を吐いてきたが、 「日教組をぶっ壊す」発言は、憲法が保障する、団結権、集会結社の自由を侵害するものである。

 日本国憲法
  第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
  第28条 勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。

 しかも、憲法第99条では、「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」と明確に規定しているのに、中山氏はそれも知らなかったのか!

 まさに、中山氏に大臣を続ける資格がなかったのは当然だ。
 中山氏を任命した麻生太郎首相の責任も重要である。

 新聞の論調が、単なる「暴言・失言」的なニュアンスで、憲法議論にまで踏み込んでないように思うのだが・・・・。 
 それは、当たり前すぎるということだろうか?

 しかし、常に憲法に立ち返る姿勢が必要だと思う。

kasaburannka

彼岸花は非常食?

 彼岸花は飢饉のときの非常食

 温水の田んぼの畦のあちこちに彼岸花が咲き誇っています。

 彼岸花は、鱗茎にアルカロイドを多く含む有毒植物。
 水田の畦や墓地に多くみられるが、ネズミ、モグラ、虫が来ないようにしたためという。
 しかし、長時間水に晒すと毒が抜けてでんぷん質が残り、飢饉のときは食用にしたということもあるらしい。

        彼岸花と田んぼ

彼岸花と墓

 彼岸花は、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)いうきれいな名前もあるが、死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)、剃刀花(かみそりばな)、狐花(きつねばな)など異名も多い。

 曼珠沙華一むら燃えて秋陽つよしそこ過ぎてゐるしずかなる径(みち)  木下利玄

 

永里優季選手は 17番

 永里優季選手に市民功労賞

 北京のオリンピック、サッカーで4位入賞を果たしたなでしこジャパンの永里優季選手は厚木市在住。
 厚木市民に勇気と感動を与えたということで市民功労賞が贈られました。
 このような表彰は、2月1日の市制記念日に行うのですが、今回は感動の冷めない時期にと、早めて表彰。

永里表彰
 市長から表彰状を受ける永里選手。後ろはオリンピックの模様を放映する大型スクリーン。

永里親子
 お父さん、お母さんと一緒にご挨拶。お母さんは優季さんそっくり。「お姉さんみたい」の声も。

 家族はお、兄さんはプロのサッカー選手、妹さんもサッカーをやっているスポーツ一家。
 永里さんからは、子どもたちへと「夢を持ってその実現にがんばってください。」の言葉がありました。

永里フラッグ
 最後に永里選手から、なでしこジャパン全員のサインが入ったフラッグがプレゼントされました。
 市長の時計をつけている手の下にあるのが永里選手のサイン。
 大きくしてみると 17 の番号が見えますよ。

 さっそく市役所一階のフロアに飾りました。

 


自閉症って何?

 自閉症を理解してください

 第15回厚木自閉症児者作品展が、厚木市総合福祉センター1階ギャラリーで29日火曜日まで開かれています。

 「自閉症」というのは、脳の一部の損傷――情報処理の機能が混乱している生れながらの発達障害です。

 親の育て方に問題があるのではないかという人がいますが、育て方や子どもの置かれた環境が原因でおこるものではありません。

 一つのことにこだわるとか、聞かれたことへ「オウム返し」、突然大きな声を出すなどあらわれ方は様々です。それへの対応が、具体的に描かれていてよくわかります。
 
自閉症児の会

 作品展では、自閉症児・者(自閉症は成人になっても基本的部分が残し、援助を必要とします)の
絵や切り絵、工作や、織物などが並んでいました。是非、行ってご覧になってください。

決算特別委員会の審査終了

 決算審査終了 

 25,26日の2日間で厚木市19年度決算の審査が終了しました。
 事前に通告した内容について各会派から選出された決算委員が1項目について3回質疑できるものです。
 全部で178項目の質疑が出されていました。私は51項目を質疑しました。(内容は9月17日)

 決算審査は、すでに終わった事業を質疑するのですから、その事業について十分調査し、評価するところや問題点を明らかにして、今後の事業の改善につながるような質疑が必要であると思います。

 しかし、今年の決算委員会の審議を観ていると、そこで事業の説明を受け、突っ込んだ追及がしきれなかったものもあったようです。

 
花、花
 
 私は、要望事項について次の内容を提出しました。

 市民生活の向上につながる事務事業を進め、その執行に当たっては、一般的な工法にとどまらず多様に対応すること。特に給付事業については、該当者への周知を徹底すること。また、事業の成果について十分検証し、改善に努めること。

 ほかの委員もそれぞれ提出していますので、最終日に取りまとめる予定です。

 それにしても、決算委員会の傍聴が少ないのが気になりました。
 最初から最後までいたのは、栗山議員だけでした。

政治の中身を変えよう  南毛利後援会ニュース発行

政治の中身を変えよう      南毛利後援会ニュースのごあいさつ

厚木市では、昨年8月から市立病院の産婦人科が休止になっています。
 全国的に見ても医師・看護師不足が深刻になっています。
 国の医療費を削減するため医師定数を削減してきた結果です。

 厚木市議会では「後期高齢者医療制度廃止法案を早期に審議し、可決・成立を図るよう意見書を国に提出することを求める陳情」が残念ながら不採択になっています。高齢者の医療が大変な事態に陥っています。

 市民のくらし、命と健康を守るためにも、国政の転換が必要です。

萩の花

「後期高齢者医療制度は廃止して!」
「ガソリンがドンドン値上がり、バターや小麦粉も・・・、暮らしていけない!」
「人間らしく働きたい!」
「憲法を変えようとしている。きな臭いにおいがする。」・・・

 国民のあいだで不安や怒りが渦まいています。
 しかし、国政の場では国民の願いに応えてはいません。それどころか、安倍前首相に続いて福田首相がまたまた政権を投げ出し、混乱を深めています。

 臨時国会で争点を明らかにし、解散・総選挙で国民に信を問うことが必要です。
 総選挙の焦点は、国民の願いに寄り添い、どのように政治を変えていけるかが問われています。政権の担い手だけを変えても、政治の中身が変わらなければ、国民の暮らしを守ることはできません。
 2代続いての政権投げ出しに対する自覚も反省もない自公政治では、政治の中身は変えられないません。民主党の小沢党首は、自民党との「大連立」で合意したこともあり、民主党では自民党政治の中身を変えることは期待できません。

 日本共産党は、今度の政治で「国民が主人公」の新しい政治をつくることをめざします。①大企業優先から、国民のくらし応援へ“ルールある経済社会”を実現する、②アメリカ言いなりから、自主自立の平和外交へという『二つの転換』をめざしています。

 日本共産党が前進・躍進することこそ国民・市民の願いにこたえる大きな力になるでしょう。皆さんのご支援を心よりお願いします。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ

  

横浜西口に6000人  共産党演説会

横浜西口に6000人  共産党演説会

 9月18日、横浜駅西口で、志位委員長と比例候補、県内小選挙区予定候補者が勢揃いして日本共産党の演説会がありました。6000人の参加で西口は聴衆でいっぱいでした。

 志位委員長は、生活の苦しさの根源には財界中心の自公政治にあることを、具体的事例を挙げて話しました。
 
 ちょうど、汚染米の問題が、酒、菓子のみならず福祉施設や学校給食、コンビニのおにぎりと際限なく広がっているときで、長年にわたる自民党の農政批判から、横須賀への米原子力空母配備(9月25日予定)、座間基地強化など、アメリカいいなり政治の異常なゆがみをただそうと、訴えました。

 横浜演説会08、9、18
 演説する志位委員長、写真右:はたの君枝さん、藤井みどりさん、左:笠木たかしさん。


クリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ

  

白い彼岸花

 白い彼岸花が満開

 秋のお彼岸になると、待っていたようにあちらことらから咲きだす彼岸花。
 ふつうは赤色(緋色)ですが、知人の庭に白い彼岸花が咲いていました。
 昨年は、下古沢の事務所に数本あったのを移植したという。

彼岸花  白

稲刈りが終わりました。温水田んぼ 9月19日

稲刈り終了

 気がついたら今まで写真を撮り続けていた田んぼで稲刈りが終了。

 広々した田んぼが復活しました。
温水田んぼ  9月19日 ①
 刈り取った稲は田んぼの中にはありません。
 ふつうは、しばらく田んぼで乾燥させるのに…

温水田んぼ  9月19日 ②
 近くの田んぼでは、稲が干してありました。

 稲刈り後の干し方には地域でいろいろなやり方があるそうですが、厚木では、大体この形です。

雲の上の雨降山(あふりさん)

 雲の上の雨降山(あふりさん)

 丹沢の大山は、雨降山(あふりさん)といって、雨がよく降る山です。

 ふもとから望むと、山頂に雲がかかっていることが多い山です。
 しかし、昨日は、山頂が見えて、下のほうに雲がかかっていました。

 珍しいかな? と思ってパチリ。
 
大山の雲

山と花  

 山行写真展が あつめ木(あつめぎ)で

 半田竹美「山行写真展〈朝日岳縦走〉 が、厚木市中町にある「カフェ あつめ木」で9月19日から10月8日にかけて開催されています。

山行き写真②
 瀟洒な喫茶店―カフェ「あつめ木」は、つい最近オープン。
 朗読や、絵画の個展なども企画している。

 入口にも店内にも花が飾られており、明るい雰囲気に満ちています。

山行き写真①
 初日の19日、栗山議員とみてきました。
 コーヒーを飲みながらの談笑も楽しい。

半田さん
 半田竹美さんは、長年、新婦人の山歩き小組みでリーダーを勤めてきた人。
 私と30年来の友人でもある。
 
 写真の腕は相当なもの。
 ブナの木、花畑、山と花・・・ 
 春に秋にと何回もの山行の中で撮りためた写真の数々は、ほっとする優しさがある。

 是非、ご覧になっていただきたい。

 「あつめ木」は厚木市中町3-18-19、城南信用金庫の反対側にあります。

黄金の稲(温水たんぼ9,14)

黄金の稲が垂れています。

 9月14日、稲の穂が垂れてきました。
温水田んぼ  9月14日 ①

 すぐ隣の田んぼでは、もう稲刈りが始まっています。
温水田んぼ  9月14日 ②

 恩曾川にはカモの群れがのどかに泳いでいました。
恩曾川

 時は秋 / 日は夕暮 / 夕暮れは4時 / 稲田の穂は垂れて /
 虫の音 原に満ち / 鴨 川に群れており /
 神、そらに知ろしめす。/ なべて世は事も無し。
   
   「秋の夕べ」 -- ロバート・ブラウニング「春の朝(あした)」のパロディ
 

秋の花々

 秋の花を見てきました

 道路の認定・廃止の現地調査で秋の花も楽しみました。
 
コスモス①
 下川入の下の段にあったコスモス畑、背景の緑とよくマッチしています。

P9100541.jpg
 このコスモス畑は「コミュニティガーデン」
厚木市が畑の所有者から土地を借りて、地元ボランティアや市が管理して、一年中きれいな花を咲かせています。
 現在、下川入りのほかに、恩名、愛甲、下荻野、上荻野、下依知と6ヶ所あります。
 皆さんも、花ツアーに出かけてはいかがですか。

数珠玉
 これは「数珠玉」の実。

P9100571.jpg
 名前はわかりません。かわいい花でしょう。実かしら?

葛の花
 葛の花。河原や草はらにどこでも見かけます。葉が生い茂っているときは、邪魔者と思うけれど、かぐわしい香りが特徴です。
 冬場に名って葉が落ちたら、蔓でかごを作る人もいます。

51項目で質疑 ― 決算委員会

市民負担増、福祉、教育、環境など
 平成19年度決算で質疑51項目を通告
 

9月議会で平成19年度の決算の審査が行われます。日本共産党では釘丸久子議員が決算委員になりました。9月24~25日で委員会が開催されます。各会派の9人の議員がそれぞれ質疑通告をしています。釘丸議員は51項目にわたって行います。その主なものと、取り上げた観点をお知らせします。
コスモス

税制改正による課税状況の変化と課題について
個人市民税が大幅に増額しましたが、法人税は減少しています。その原因について聞きます。

職員健康管理費の成果と課題について職員の不祥事が続きました。メンタルを理由に休職している職員もいます。

救急業務実施費用受入金の算出根拠と課題について
清川村など近隣自治体への救急業務が実施されています。その実情と費用受け入れ金について質問します。

市民対話事業における提案意見の実施と課題について
市長と自治会長とのフリートークが各公民館で行われました。要求がどのように処理されたか、今後の取り組みについても聞きます。

自転車等対策事業の成果と課題について
違反駐輪や駐輪場での自転車盗への対応について質問します。

平和都市推進事業の成果と課題について
厚木市中央公園に平和都市宣言塔が設置されました。推進事業の内容と成果について伺います。

選挙での投票所設置、不在者投票管理システム事業の成果と課題について
不在者投票における本人確認の仕方について聞き、不正防止の対策を明らかにします。また、投票場所の移動による影響はなかったのか、質問します。

年末慰問事業交付金の成果と課題について
この事業が平成20年に廃止になりました。受給している高齢者・障害者・ひとり親家庭などの思いと状況を明らかにします。

ひとり暮らし高齢者等支援事業の成果と課題について
配食サービス、緊急通報システム、軽度生活援護、愛の訪問、成年後見人補助について、利用の実態や問題点について質します。

心身障害者扶養共済制度の成果と課題について
この制度は県の委託事業で、昭和45年に発足し、その後約34年を経過しました。保険料(掛け金)と支給の現状を聞き、問題点を明らかにします。

高齢者バス割引乗車券購入費助成事業の成果と課題について
かなちゃん手形の購入費助成事業は高齢者に喜ばれています。申請方法の課題について質問します。

老人憩の家維持補修事業(耐震・補強の状況)の成果と課題について
昭和50年代から建設された老人憩の家の、耐震や維持補修の実情について聞きます。

小児医療費助成事業の成果と課題について
今年7月から対象年齢が小学校4年生(10歳の誕生月)まで引き上げられました。これまでの推移と影響について質問します。

留守家庭児童対策事業の成果と課題について
全小学校で実施の留守家庭児童対策(学童保育)について、希望者全員入所のための対応について聞きます。また、要望に対してはどう対処したか。

児童遊園施設維持管理事業の成果と課題について
子どもたちの楽しい遊び場の遊具が使用できないまま長期間閉鎖(鎖で縛ってある)されています。その実態と、早期に使用できるような対策を求めます。

児童館維持管理事業及び児童館維持補修事業の成果と課題について
老人憩の家との複合施設について、管理の問題点を聞きます。また、床が痛んでいたり、畳替えなどについての対応を質問します。

生活保護費支給事業の成果と課題について格差と貧困が広がって、生活保護受給者が増えています。相談への対応、医療費支給など、実態を明らかにします。

がん検診事業の成果と課題について
老人医療保健制度から後期高齢者医療制度に変わり、がん検診事業が後退しています。
がんの早期発見・早期治療への今までの成果を明らかにしていきます。

葛の花

電動生ごみ処理機等購入費奨励金の成果と課題について
厚木市は、地球温暖化対策で、ごみ減量のため電動生ごみ処理機の購入費奨励金を出しています。実態と問題点を明らかにします。

中心市街地商店街空店舗対策事業補助金の成果と課題について
本厚木駅周辺の中心市街地の空洞化、空店舗が目立ちます。空店舗対策のために店舗改装費や家賃助成を実施しています。その実態を検証していきます。

企業誘致条促進事業成果と課題について
平成17年12月に制定された「企業誘致条例」により、進出企業の固定資産税減免、雇用奨励金などが実施されます。固定資産税減免と、地元雇用の推進、経済効果はどうだったのか明らかにします。

消費生活センター運営事業の成果と課題について
振り込め詐欺、架空請求などの被害が急増しています。被害の実態や対策について質問します。

放置車両撤去処分事業の成果と課題について
道路上に車両が長期間放置されていても、事件性があるのでは?などとして、なかなか撤去できません。処分の流れと問題点について聞きます。

公園緑地整備・公園緑地維持管理・公園緑地維持補修事業の成果と課題について
公園トイレの維持管理、樹木の剪定時期などに問題点はないか明らかにします。

甲宮前交差点改良事業の成果と課題について
厚木市と国の事業として(工事個所を分担)愛甲石田駅北口から愛甲宮前交差点までぺデストリアンデッキが設置されました。設置の目的や効果について質します。

木造住宅耐震改修促進事業費補助金の成果と課題について
これまでは耐震診断だけ補助が付いていました。19年度から改修工事にも補助が付くようになりました。その効果と課題について聞きます。

高等学校等修学奨励金の成果と課題について公立・私立高校や専修学校、定時・通信制高校生徒への修学奨励金制度は、年度当初募集なので途中の申請ができません。その問題点と対策を質問します。

心の教育推進事業の成果と課題について
小・中学校の「心の教室相談員」の配置により、児童・生徒の悩みやストレスに対応しているか、具体的事例について質問します。また、相談員の選任、質的向上への取り組みについて聞きます。

学校IT化推進事業の成果と課題について
どのような分野での学力向上の効果があったのか? 教職員の指導力向上に向けた取り組みは?などを聞きます。

小学校1年生35人学級実施事業の成果と課題について
小学校1年生の35人以下の学級編成の効果は大きい。保護者の期待や教師からの意見を明らかにして、事業拡大の方向性を探ります。

郷土資料館活動推進事業の成果と課題について
郷土資料館では、収蔵資料展や特別展、各種講座を実施しています。入場者や参加者の推移を聞き、厚木市の歴史・民俗・生物を市民に伝える取り組みを質問します。

国民健康保険料徴収率の推移と課題について
国民健康保険料の徴収率が低下しています。その原因をどうとらえ、どのように対処しているのか質問します。また、保険料減免の状況も聞きます。

資格事務費(国保証の資格証・短期証発行)の成果と課題について
長期に保険料を滞納すると、資格証や短期証が発行されます。発行状況と課題について明らかにします。

介護保険の施設介護サービス給付費(介護施設職員の待遇)について
介護施設職員の離職が増えています。賃金を含めた労働環境について質問し、労働者も利用者も安心できる制度について考えていきます。

平家物語は、勇壮で哀しい

 平家物語は、勇壮で哀しい

 嵐圭史の朗読で「平家物語」をいつも車の中で聞いている。
 細切れの時間だが、もう、第10巻まで来た

 嵐圭史の、朗読はいい! 
 武将の勇壮さ、上皇や貴族の高貴なたたずまい、女院や上臈たちのたおやかな語り口、
老いてる人は老いたように、若者ははつらつと、
一人の人の口からこんなにも変化にとんだ語りができるかと驚かされる。
平家物語を聞く

 今まさに、平家が西に落ちていき、鵯越えで、一の谷で次々と討たれる様が時に勇壮に時に哀しくあらわされる。
 音楽も何もないのに、風の音、海の暗さが感じられてくる。

 車の中の、ひそやかな私の楽しみです。
 

クリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ

  

あめりか朝鮮朝顔

白い花に、カナブンが

 直径15センチくらいの大輪の白い花。
 市役所の駐車場の裏手に、数日前には20も30もわあっとたくさん咲いていたのに、もう数輪しか咲いていない。
 やっぱり、「あっ、素敵!」と思ったときに写真を撮らないと、次はもうだめなのね。
 
アメリカ朝鮮朝顔2 
 調べると、「アメリカ朝鮮朝顔」
 アメリカ、メキシコ北部地方原産。
 木ではなく草で、夏大きなラッパ状の花を上向きに咲かせるのだそうです。

 アメリカ朝鮮朝顔①
 花の蜜を吸っているのか、カナブンガ潜っていました。花びらもだいぶ食べています。
 白い花の上に糞もありました。

 自然の営みの中でそれぞれに生存競争が激しいのでしょう。


クリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ

  



現地調査で、思わぬ副産物

 市道の認定・廃止の現地調査は思わぬ副産物が

 9月議会には市道の認定(新しく市道として認める)議案が7件、廃止議案が2件出ています。
 9月10日、現地を見て回りました。
 以前は市の道路部が現地調査の案内をしていましたが、現在はなし。
 住所をカーナビに入力し、その通り行くのですが、今までなかったところですから、ナビでもわからない。
 「その住所での登録はありません」、近くに行くと「音声案内を終了します」――なかなか現場に行きつきません。
 しかし、自分の目で確かめに行くと、思わぬ副産物を見つけるものです。
 厚木の道がよくわかります。
 何より、その時々の野の花や昆虫をじっくり観察できます。
 
 現地調査は、苦労して自分たちで探していくに限ります。

広町公園(畑)
 廃止(払い下げ)の道路。畑のわきがその場所でした。

P9100558.jpg
 厚木市の土地であることを示す境界線の杭が打ってありました。
 廃止になればこれも撤去されます。

広町公園(赤とんぼ)
 廃止の市道のそばの広町公園で見かけた赤とんぼ。

広町公園(黒糸とんぼ)
 ハグロトンボもひっそりと止まっていました。

広町公園(かまきり)
 体長15センチはあるかまきり。これらももうすぐ一生を終わります。



クリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ

  

年金特別便で、「国会議員」の期間あり?!

年金特別便で、「国会議員」の期間あり?!

 知人のところに「年金特別便」が届きました。
 開いてびっくり! 
 国会議員であった期間が1ヶ月あると記入されています。
 知人はいろいろな仕事をしてきましたが、その1部分しか書いてありません。

 以前。ほかの友人夫婦に特別便が来た時も、転職した時期が二人とも間違っていたことを聞きました。

 今、消えた年金問題が大きくなっているとき、明らかな間違いがこんな身以下であることに、改めて社会保険庁のずさんさに怒りを覚えます。

 知人は早速、社会保険事務所に行って訂正してもらうのだと言っていました。

年金特別便

年金特別便(国会議員)
 「任意加入しなかった期間」でも、仕事をして厚生年金を払った期間があるという。
 「国会議員であった期間」が一か月。

笑顔が美しい 温水ケアセンター10周年

笑顔が美しい 温水ケアセンター10周年
 温水ケアセンターが10周年を迎えたということで9月6日、お祝いの式典があり、栗山議員と参加しました。
 施設長さんが「あっという間の10年。職員とボランテアの方にに支えられてやってこれました。経営はまだまだ厳しいが、ますます高齢者の居場所としてのセンターの重要性を感じます」と言っていました。
 厚木市の特養ホーム入所待ちが500人を超えています。
 高齢者にとっても介護する家族にとっても、気軽に利用できるいろいろな施設がもっともっと必要です。

温水ケアセンター②
  利用者の作品展

温水ケアセンター⑤
  作品展の前で栗山議員(右)と 

温水ケアセンター③
 ボランテアの皆さんが、焼きそばやタイ焼き、かき氷と汗を流していました。 

温水ケアセンター①
 玄関上にある油絵――利用者の思いが伝わってくる
 この絵を見て、利用者は明るい気分になるでしょう。

 

厚木市議会9月定例会 一般質問

 9月1日から10月3日までの33日間の会期で、厚木市9月議会が行われています。
その登壇質問の内容です。
IMG_0416_1.jpg


 少子化傾向がいっそうすすんでいます。出生率は毎年最低記録を更新しつづけ、他の先進諸国からみても、日本の少子化の進行は急速です。これは、今後の日本社会の衰退であり、深刻で危機的なゆがみのあらわれといえます。日本は、子どもを生み育てることが大変な社会になっています。これまでの政治が、国民のくらしを痛めつけ、個人の生活も家族の一員としての責任も果たし得ない「働かせ方」を野放しにしてきたからです。いまも、若い世代に、高い失業率と不安定な仕事がひろがり、家庭を犠牲にする長時間労働もますますひどくなっています。子どもを生んだら働き続けられない職場、保育所不足などの問題も解決するどころか、深刻さを増しています。
 国民のくらしをささえ、人間らしい生活をとりもどす政治、経済、社会への転換こそ、少子化社会を克服する道です。
 働く人たちが大事にされる社会をつくること、ひとりひとりの子どもたちが「人として尊ばれる。社会の一員として重んぜられる。よい環境の中で育てられる」社会にする事が、今求められています。
 そのために自治体が行うこと、地域社会が配慮すべきこと、企業に社会的責任を果たすこと、がそれぞれあるでしょう。
 厚木市の子育て支援の実態を検証しながら、将来の発展が保障され、子育てしやすい厚木市の実現と、自治体だけではカバーしきれないものについてどうしていくか考えていきたいと思います。

 次に、後期高齢者医療制度についてです。
 この問題は日本共産党厚木市議員団として、制度発足前から問題点を指摘してきました。全国多くの医師会や高齢者から反対・見直しの声が上がっています。国会では、参議院に野党4党が共同提案した「後期高齢者廃止法案」が参院では可決しましたが、民主党の審議拒否で継続審査となっています。福田首相の政権投げ出しで国会情勢が混沌としており、衆議院での審議の行方が危ぶまれています。
 この問題について、小林市長は、厚木市議会6月定例会で「市民の声を受けて、国に言うべきことは伝えていきたい」と答弁しました。
 この間の保険料の年金天引きや世帯全体では同じ年金額なのに保険料に10倍以上の差が出る矛盾、包括医療の問題点などを明らかにしながら、6月議会の答弁通り、住民の福祉を守る自治体の長としての責任を果たすために、どのように対処されるか伺います。

 最後に、開発と住民の暮らし、まちづくりの問題です。
 厚木市は住宅団地の開発や、ミニ開発によって人口を大きく伸ばしてきました。
 しかし、開発により、地域住民の生活環境への影響が大きく出てきます。
 行政としては法令に則り、「粛々と業務を遂行する」のでしょうが、その開発により影響を受ける周辺住民、交通環境、学校施設などへの、行政の事前の対応が求められています。具体的事例についての対応を求めます。

以上質問をまとめます。  
1、子育てしやすい厚木市について
ア 子育てしやすい厚木市をつくるための方策を問う。
(ア)厚木市の子育て支援の特徴は何か。
(イ)子育て環境を整えるための課題は何か。
(ウ)子どもの虐待の実態をどうとらえ、厚木市としてどう対応しているか。
2、後期高齢者医療制度について
ア 後期高齢者医療制度に対する市民の声にどうこたえるのか。
(ア)市民の声をどうとらえているか。
(イ)市として国にどう働きかけるのか。
3、 地域開発とまちづくりについて
ア 地域開発とまちづくりについて問う。
(ア)地域に影響を及ぼす開発計画に市としてどう対応するのか。
(イ)全共連跡地の宅地開発が地域のまちづくりに及ぼす影響にどう対応するのか。



クリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ

  

道路が水浸し!

 一番街が水浸し

 「一番街が水浸しで大変なの! 靴の中までビショビショよ」

 夜、携帯に電話が入る。さっそく現地へ。
 さっきまで土砂降りの雨だったが、その時はもう降っていない。
 しかし、一番街の交差点の一角が水浸し。
水浸し
 クーラーの室外機がしっかり水たまりに映っている。
 雨が降っているときはもっと多かったのだろう。

栗山 調査中
 調査する栗山議員。

 次の日、道路維持課に写真を添えて改善を要求。
 さっそく対応することになった。

やっぱり 宣伝するといいよ

 宣伝は怒りを込めて  福田首相辞任!!

 愛甲石田での宣伝スナップ。
 共産党ののぼりやポスターを林立させて、私と栗山議員で交代に宣伝。

 愛甲石田での毎週水曜日宣伝が定着しているので、議員団ニュースの受け取りもいい。
 必ず受け取ってくれる人も増えてきてる。
 政局の行方、後期高齢者問題、ガソリン高騰、消費税、派遣労働、憲法9条、そして厚木市政の問題など、話題には事欠かない。

 それにしても、毎回、ニュース配布に来てくれる愛甲後援会員の頑張りには頭が下がる。

愛甲石田宣伝
 福田首相退陣の新聞を示しながら、宣伝。

 この日は、本厚木駅で公明党と民主党が宣伝をしていたそうだ。
 公明党は市会議員が3人で「公明党」の旗を持って挨拶。音の宣伝はなし。
 民主党は、小選挙区予定候補がマイクで訴え。ニュース配布も。

 解散・総選挙必至の政局に、各政党も動きが活発になってきている。

どっちを向いているの?

 愛甲宮前歩道橋のエレベーターが利用が始まったが…

 愛甲石田駅の長~い歩道橋のエレベーターがやっと利用できるようになりました。

 アレレ! 入口がない! 上から下りると出口は公園側を向いているので、下の歩道からは入口が見えません。車いすで利用する人は、ぐるっと回ってーしかも狭いー出なければならない。

 一体、どうしてこんな向きにしたのか近所の人も首をかしげていました。
 
 この歩道橋は、駅から国道246の交差点までは市の費用負(3億4千万円)、246を横断する部分とエレベーターは国交省の工事でした。エレベーターは7月末完成予定だったのですが、だいぶ遅れたようです。

愛甲石田エレベーター
入口が見えす太い柱のように見えるエレベーター。

入口
入口は公園側に向いている。


9月定例議会が始まりました

 9月定例会が始まりました

 厚木市議会9月定例会が9月1日から10月3日までの33日間で開催されています。
初日の1日、平成19年度の決算や条例の提案がありました。
 初日本会議で、企業誘致条例、基金積立、SEL教育基金条例などについて質疑しました。

企業誘致条例の効果は
釘丸議員 企業誘致条例による固定資産税の減免はいくらか。また、雇用は促進されたか。
産業振興部長 減免額は19年度は3億2700万円。
  雇用は3年間で237人の新規雇用があり、
  1年以上正規雇用をした企業に11人分330万円を補助した。
  減税額を上回る実績があったと認識している。
  5年の時限立法で残り2年となった。その後どうするか慎重に検討したい。

国保や介護保険の基金の活用は
釘丸議員 国保で6億7900万円、介護保険で3億5000万円の基金が積み立てられている。
  それぞれの基金の活用はどうするのか。
市民健康部長 国保では5%くらいの積み立てが適正で、その分は確保されている。
  また、介護保険事業については、106・3%伸びている。
  第4期の計画策定のときに活用したい。

SEL教育基金の具体化は
釘丸議員 基金は具体的にどう使うのか。 
学校教育担当部長 寄付企業や小中学校長と協議し、
  ①子どもを「ほめて育てる」教育の実現として、子どもの努力を評価する表彰制度をつくる、
  ②携帯機器と漢字ソフトを購入し、学力の基礎である漢字を楽しんで習得できるようにする、
  ③(仮称)「あつぎ子ども科学賞」を設置し、自由研究、ものづくり、
    創意工夫を表彰するなどしていきたいが、細かくは調整中である。
奈良握議員 「収益を基金に繰り入れる」とあるが、どのように運営していくのか。
教育総務部長 寄付者の意向は児童生徒の学力の向上であり、
  10年ぐらいで使い切ってほしいとの要望がある。

「ピアノのはなし」を観て

 悲しいピアノのはなしです

 9月1日、厚木市議会9月議会の初日の夜、厚木演劇鑑賞会の「ピアノのはなし」を観劇。
 映画「月光の夏」の舞台版。

 1945年5月、佐賀県鳥栖市の小学校に2人の特攻隊の青年が訪れる。
 明日、沖縄の海に飛び立つ前にどうしてもピアノが弾きたいと言う。
 「僕たちは、明日、沖縄に向かって飛び立ちます。先生、死ぬ前に一度だけ、思いっきりピアノを弾かせてください」
 青年は朝からずっとピアノのある学校を探していたのです。さっそく校長先生の許可を得ると、音楽担当のおなご先生は「月光の曲」の楽譜をそっと手渡しました・・・。(あらすじ)

 舞台は、跳び箱やボールが置かれた体育館の片隅に一台のグランドピアノ。
 燕尾服を着た中西和久(老いたピアノ)の一人芝居。その話に合わせて佐々木洋子さんのピアノが静かに、時には激しく演奏を奏でる。
 
 最後に、特攻隊員の遺書を読み上げた。会場内ではすすり泣きの声が。
 
 戦争のいたみがが静かに胸に迫ってきた。

ピアノのはなし

 厚木演劇鑑賞会は1986年、厚木に誕生しました。
 良い演劇を身近で鑑賞しようと、会員の手で運営しています。
 年間5回の公演は変化に富み(たまにははずれも・・・)、厚木にいて話題の演劇が楽しめます。

 近頃の不況で、会員の減少傾向が悩みです。

 もっともっと、演劇や芸術に触れてみたいと思います。
 

一般質問を行います。

 9月議会の一般質問

 9月議会の一般質問は21人の議員が行います。
 日程は9月5日(金)、7日(月)、8日(火)です。
 日本共産党議員団は、栗山議員が6番目、釘丸議員が7番目です。
 

栗山香代子議員
 6番目  9月 5日(金)  午後3時ころ~
 1、厚木市自治基本条例制定について
   ア 条例制定の目的を問う。
   (ア)条例の目指すものは何か。
   (イ)制定により今と何が変わるのか。
   (ウ)制定で留意すべきことは何か。
 2、厚木市の医療について
  ア 厚木市の医療環境の状況について問う。
  (ア)現状をどうとらえているか。
  (イ)安心できる厚木市の医療環境をどうつくるのか。
  (ウ)公立病院の果たすべき役割をどうとらえているか。


 釘丸久子議員
  7番目   9月 5日(金)   午後4時頃~

 1、子育てしやすい厚木市について
   ア 子育てしやすい厚木市をつくるための方策を問う。
  (ア)厚木市の子育て支援の特徴は何か。
  (イ)子育て環境を整えるための課題は何か。
  (ウ)子どもの虐待の実態をどうとらえ、厚木市としてどう対応しているか。
 2、後期高齢者医療制度について
   ア 後期高齢者医療制度に対する市民の声にどうこたえるのか。
  (ア)市民の声をどうとらえているか。
  (イ)市として国にどう働きかけるのか。
 3 地域開発と街づくりについて
   ア 地域開発と街づくりについて問う。
  (ア)地域に影響を及ぼす開発計画に市としてどう対応するのか。
  (イ)全共連跡地の宅地開発が地域の街づくりに及ぼす影響にどう対応するのか。

P8310510_20080901124833.jpg

«  | ホーム |  »

ご挨拶

くぎまる久子

Author:くぎまる久子
 安倍暴走政治を許さない!
 戦争法案を、国民の反対を押し切って成立させ、立憲主義・民主主義をないがしろにしています。その流れは、国民のくらしや福祉の破壊につながります。地方自治体は、地域住民の福祉を増進し、国の悪政の防波堤とならなければならないのに、国言いなりの政治が続いています。
厚木市議会では、議員有志が党派を超えて戦争法反対の声明を出しました。これからも共同の力の大きくして、平和とくらしを守るために力を尽くします。
 私は、住民の目線で市政を見つめ、国政のひどさを実態として明らかにしながら、市民の幸せを実現するために頑張ります。
 現在、厚木市議会では議会改革を進めています。行政の監視役であり、市民の福祉増進のための政策立案を担っていくために議会・議員が質的向上をすることが求められています。私は、広報広聴特別委員会の委員長・副委員長として、市民に身近な議会の実現を図ってきました。
 これからも議員の役割をしっかりと果たして行きたいと思います、

プロフィール

●1947年、小田原市生まれ。。
●神奈川県立小田原城内高校、静岡県立女子短大国文科卒業。。
●平塚江陽中学校教諭、神奈川県職労愛甲支部書記。新婦人厚木支部事務局長・支部長を歴任。。
●1994年厚木市議会議員初当選。現在6期目。。
●市民福祉常任委員、広報広聴特別委員会委員長、厚木愛甲環境施設組合議員。。
●厚木市毛利台在住。

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

くぎまるムービー


ブログランキング

 クリックをお願いします。 にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ
にほんブログ村

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

日本共産党 厚木市議員団


kugimaru.jpg
kayako2.jpg

スライドショー

       

15057157_POS-B_01_1.jpg 2014006_kenpo_01_1.jpg 201204_poster_01_01_1.jpg 20131031_himitu_01_1.jpg 201502-pos-fukushi_01_1.jpg

新着情報

ブログパーツ探すならココ!

カテゴリ

議会報告 (120)
活動レポート (277)
ちょっと一息 (158)
お知らせ (8)
未分類 (3)

携帯に更新情報をお知らせ

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。