2008-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横断歩道がつきました

 南毛利小学校の通学路の安全を確保するために、歩道の改善がされてきましたが、このたび、南毛利公民館の上のY字部分の道路に横断歩道がつきました。この通学路は車道と歩道の区別がなく、子供たちが大変危険だったものです。しかし、スポーツセンター入口信号からY字部分までは歩道が確保されましたが、その先はカラー舗装しただけで、大変危険です。これを改善するとなると道路の拡幅が必要になり、住宅の立ち退きも生じてきます。
 いかにして、児童の安全を確保するか大きな問題ですね。

南毛利公民館上に横断歩道

 以前に、スポーツセンター入り口(当時は「県央体育センタ入り口」)の信号待ちの部分に水たまりがひどく、雨の日には子どもたちが道路上で待たなければならなかったのを、交通安全母の会の人から改善の要求が出て、下に水が落ちるように改善してもらったことがあります。
 実際に、使っている人から声を聞くのが大切だと思いました。
スポンサーサイト

脳活性化に 「落語」

 26日の土曜日の昼、にぎわい処の前を通りかかったら「本日の落語会、夜の部の席あります」のお知らせが。夕方には少し時間が開くので早速申し込みました。
 4時半開場。少し早めに行ったら、準備中ということでお茶のサービスがありました。
 出し物は、「千早振る」「二人旅」「壺算」の三席。話すのは厚木市在住の落語家立川らく八さん。
 昨年7月市街地にぎわい課ができて、市役所内から、空き店舗を利用して市街地に移転。中心市街地のにぎわいを取り戻そうと商店会連合会とも協力して、いろいろな企画をしたその一つ。
にぎわい処

 久しぶりに、生の落語をかぶりつきで見ました。笑った、笑った、本当に楽しかった。
 らく八さんは、さわやかな印象で、歯切れがよく話のテンポがいい。1時間半があっという間でした。
 
 「笑いに勝る“脳薬”なし」と言われます。
 笑うと「ドパーミン」という快楽ホルモンが分泌され、脳を活性化させるのは医学的にも立証されているという。同時に免疫力を高め、がん細胞をやっつけるNK細胞(ナチュラル・キラー細胞)も元気にしてくれるのだそうです。
 大いに笑って、若さと健康を維持しましょう。

この花  な~に?

 今の時期、どこを歩いていてもきれいな花に目が行きます。花を開かせるまでには、丹精込めた手入れが必要。 何にもしていない自分としては、ただ結果を楽しませていただいて申し訳ない思いです。

花 十二単衣
これは「十二単」 厚木市棚沢の山道に咲いていました。
なるほど、花が幾重にも重なっている形が十二単を連想させます。シソ科の植物です。

立浪草 恩曾川
 これは「仏の座」、春の七草の「仏の座」は「田平子(たびらこ)」というのだそうですね。
 シソ科の植物で、半円形の葉が茎を取り囲んでつくようすを、仏の台座(蓮華座)に見立てたことから名前がついたとか。


仏の座(恩曾川)

 「姫踊子草」(ひめおどりこそう)
 日のあたる山道や空地でよく見かけます。これは恩曾川沿いにありました。
 まわりの「オオイヌノフグリ」も可愛い。雑草でも、よく見ると本当にきれいです。

 いつまでも、自然の草花が豊かに咲くことのできる環境を残したいものですね。



車いす体験  その②

 先日は、みんなで車いす体験。4月22日に厚木市勤労福祉センターで議会報告会に、車いすの人も参加したので、車いす用階段昇降機の利用を申し込みました。センターでは昇降機を前日に充電したそうです。
 まず、私が乗ってみました。階段の角度で斜めになって座ります。上がるときはそれほどでもないが、下るときは落ちそうで本当に怖い。係りの人も使い方があまりよくわかっていないようで、こわごわ操作しています。それを見て、車いすの人は「怖いから乗らない。手すりに捕まればなんとか上がれる」と言って乗りませんでした。
 勤労福祉センターはかつて県の青少年会館だったところです。古い建物でエレベーターもなく、手すりも片方にしか付いていません。既設の建物をどうバリアフリーにするかが問題だと感じました。
階段を車いすで

絵本は楽しい その②「はるにれ」

 これは、今35歳の息子が幼稚園時代に読んだ絵本。
野原の真ん中に立つ「はるにれの木」の1年間を、ただ写真にとったもの。文字は一切ありません。
広い野原、秋の夕日のなかに立つ「はるにれ」からスタートして、葉が落ち、森閑とした雪の夜、枝に真っ白な樹氷、すこしずつ雪が溶けおぼろに霞む。中天の月にすっくと立つはるにれ。次のページを開くと茂った葉がワッと迫ってくる。そして草いきれのなかの「はるにれ」。
 文章がないだけに、迫ってくるものがありました。息子は、繰り返し、繰り返してみていました。
 いや~、絵本て本当にいいものですね
絵本 はるにれ②

後期高齢者医療制度は廃止させよう

 4月15日、後期高齢者医療制度の保険料が年金天引きされたその日、北央医療生協厚木支部と後期高齢者医療制度についての相談会がありました
 医療生協では、「現代版姥捨て山」の後期高齢者医療制度を廃止させようと、これまで署名・宣伝や老人会訪問などをしてきたそうです。
 この日は、2月議会での厚木市の後期高齢者医療制度について議員団が報告し、医療生協あつぎ診療所の事務長の柳川さんから診療所の対応について説明がありました。
 今後は実態を調査して、再度老人会への申し入れや議会・議員への要請などを行い、廃止に向けて一緒に取り組むことになりました。 
診療所相談会 

 先日伺った家は、夫が76歳、妻が70歳で今まで国民健康保険に加入。夫さんは後期高齢者医療制度に移行し、妻は国保に残りました。ところが年金ない妻は、医療費負担が3割に! これは、妻の医療費負担割合が、夫さんの年金(同一世帯の所得)で見られるからです。
 「何で、収入のない女房が3割負担なんだ」と怒っていました。
 ここにも、大きな矛盾が表れています。
 みんなで、こんなひどい制度廃止していきましょう。

言葉は変わる? 変えたくないなあ~

 「議員が申されたようにーーー」 よく議会で聞く言葉です。
おかしくありませんか? 
 「申す」は謙譲語。それに尊敬の「れる」をつけても尊敬語にはなりません。
 文化庁がこの言葉について調査しました。
 「申される」は尊敬語だと思う人が49%、半数もいたそうです。尊敬語ではないという人は37%。
 耳になじんで変だと思わなくなってしまうのでしょうか。
 言葉は確かに時代とともに変わってきます。しかし、私は、言葉については「保守でありたい」と思っています。
 「おっしゃる」という言葉があります。そのほうが適切ではないでしょうか。
 みなさんはどう思いますか。

馬酔木
馬酔木の花。「プチンの花」とも言います。
かわいい花ですね。

車いすは大変です。 -まちなみ探検ー

 4月13日、朝からあいにくの雨でしたが、「雨でも外出することがある」車いすでのまちなみウオッチングを決行。
町並み探検①

 以前に、幸せライフフェステバルで車いす体験をしましたが、室内と室外では大違い。道路の凹凸、傾斜と、次々と変化していきます。振動がじかに伝わり、少しの傾斜でも車いすが流れて行き、右と左の車輪の回し方を調節しなければまっすぐ進めません。車いす利用者の苦労が実感できました。
 バリアフリー化した道路はなかなか快適に移動できました。透水性のブロックは表面にもぎざぎざがあって滑らない工夫がされていました。早く計画地域全てが改善されるといいと思いました。(平成22年完了予定)
 一番街での自転車の放置、キャンペーン中の看板が歩道に張り出しているなど、せっかくハード部分で改善されても市民の意識が問題になってきます。
町並み探検⑤

 小田急本厚木駅の切符の自販機では、車いすだと足がつっかえて、手を伸ばしも一番上は届きません。町並み探検②

 わずか2時間ほどの、車いすまちなみ探検でしたが、車いすでの外出は大変だと実感しました。
 

 象のウメ子さん

 姪の結婚式で小田原の報徳会館に行きました。ここは二宮尊徳を祭った神社にあります。昔の小学校には、必ず背中に薪を背負い本を読む姿の像がありました。それが江戸時代後期の二宮尊徳像です。その神社は小田原城内にあります。早めに行ったので久しぶりに城址公園に行きました。
 小学校の遠足に行ったところです。つい最近までここは動物園と遊園地がありましたが、動物園は廃止されました。しかし、象のウメ子さんはまだいました。昭和25年(1950年)戦後間もないころにインドから来た2頭のうちの一頭で、日本に来てすでに58年。だいぶ足もとも弱り、肉が落ちてげっそりとやせていました。近くの人が「お父さんが小学校のころにもいたんだよ」と言っているのを聞き私と同じだなと思いました。

小田原城① ウメ子さん

 「かわいそうなぞう」という絵本があります。
 第二次世界大戦中の上野動物園で象を餓死させた実話を元にした童話で、紙芝居にもなっています。終戦記念日などによく朗読されます。
 終戦近く、東京は空襲がはげしくなり、空襲で檻が破壊されて猛獣が逃げ出したら大変だということで、猛獣を殺すことになりました。しかし、頭のいい象のジョン、トンキー、ワンリーは毒の入った餌は食べません。そこで餓死させようとえさを与えないでいると、飼育員が通りかかると必死で芸を見せて餌をねだります。
 ついに3頭も餓死し、戦争は終わります。絵本では、飼育員が象の体をなでさすりながら、空を飛ぶ戦闘機に対して「かわいそうなジョン、トンキー、ワンリー、戦争は止めろー、やめてくれー」と叫ぶところは涙なしには読めません。戦後、上野動物園では慰霊碑を建立し、毎年、戦争で命を落とした動物たちの慰霊の行事が行われているそうです。
 象のウメ子さんの引きとり手を探しているということです。戦後の子どもたちに夢を与え続けてきたウメ子さんに「ありがとう」と言いたいと思いです。

小田原城②

 桜の花が、雪のように散る中で最後の花見と大勢の人達が小田原城登っていました。

桜も終わり・・・

 昨日、後援会で飯山観音に花見に行ってきました。
 厚木に30年以上いますが同じ時期に2回も飯山に来たのは初めて。先日は桜まつりの開会式なので大勢の人がいましたが、この日はパラパラ。朝のうちは私たちだけでした。催し物がなかったとはいえ、少しさびしい感じです。花はしっかり楽しめましたが・・・。
根元の桜
 桜の花が風に乗ってはらはらと散っています。
 その中に根元の際に一生懸命咲いている桜がありました。

はきだめの桜
道の端には散った桜の花びらが重なっています。京都のなんというお寺か、桜の花が高いところにしか咲かないので、散った桜を愛でるのだそうです。緑の苔の上に、桜の花びら、何とも風情がありますね。

バリアフリーまちなみ探検を行います

 バリアフリーまちなみ探検を行います。 
 新年度になりましたが、昨年の工事の残りがあちこちに見られます。
 厚木市は国のバリアフリーのまちづくりの指定を受けてこの3年間工事をしてきました。
 そこで、みんなで車いすに乗って実際の使い勝手を調べてみようということになりました。
 4月13日(日) 10時から 
集合 厚木中央公園 噴水球の南側交差点。
 車いすを用意します。交代で乗って、道路や駅周辺を歩きましょう。最後にサンパーク(バスセンター上の公園)で昼食をとりながら、みんなの街づくりへの思いを語り合いましょう。
 参加は自由です。どなたでもどうぞ。

 道
カラー塗装もされ、きれいに整備された道(市役所南側をでたところ)

«  | ホーム |  »

ご挨拶

くぎまる久子

Author:くぎまる久子
 安倍暴走政治を許さない!
 戦争法案を、国民の反対を押し切って成立させ、立憲主義・民主主義をないがしろにしています。その流れは、国民のくらしや福祉の破壊につながります。地方自治体は、地域住民の福祉を増進し、国の悪政の防波堤とならなければならないのに、国言いなりの政治が続いています。
厚木市議会では、議員有志が党派を超えて戦争法反対の声明を出しました。これからも共同の力の大きくして、平和とくらしを守るために力を尽くします。
 私は、住民の目線で市政を見つめ、国政のひどさを実態として明らかにしながら、市民の幸せを実現するために頑張ります。
 現在、厚木市議会では議会改革を進めています。行政の監視役であり、市民の福祉増進のための政策立案を担っていくために議会・議員が質的向上をすることが求められています。私は、広報広聴特別委員会の委員長・副委員長として、市民に身近な議会の実現を図ってきました。
 これからも議員の役割をしっかりと果たして行きたいと思います、

プロフィール

●1947年、小田原市生まれ。。
●神奈川県立小田原城内高校、静岡県立女子短大国文科卒業。。
●平塚江陽中学校教諭、神奈川県職労愛甲支部書記。新婦人厚木支部事務局長・支部長を歴任。。
●1994年厚木市議会議員初当選。現在6期目。。
●市民福祉常任委員、広報広聴特別委員会委員長、厚木愛甲環境施設組合議員。。
●厚木市毛利台在住。

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

くぎまるムービー


ブログランキング

 クリックをお願いします。 にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ
にほんブログ村

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

日本共産党 厚木市議員団


kugimaru.jpg
kayako2.jpg

スライドショー

       

15057157_POS-B_01_1.jpg 2014006_kenpo_01_1.jpg 201204_poster_01_01_1.jpg 20131031_himitu_01_1.jpg 201502-pos-fukushi_01_1.jpg

新着情報

ブログパーツ探すならココ!

カテゴリ

議会報告 (120)
活動レポート (277)
ちょっと一息 (158)
お知らせ (8)
未分類 (3)

携帯に更新情報をお知らせ

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。